previous arrow
next arrow
Shadow
Slider

全国社会人サッカー選手権関西大会1 回戦 試合結果について

全国社会人サッカー選手権関西大会1 回戦 

 

7/24(日)13:30キックオフ 橋本市運動公園多目的グランド

OKFC 0-0(PK5-4) アルテリーヴォ和歌山

 

START
GK 藤原康平
DF 金泰弘
DF 梶本慎也
DF 上田貴典
DF 金本倫明
MF 岡田翔太朗
MF 小川達也
MF 趙栄基(86 分裴哲太)
MF 金健志(70 分宮川忍)
MF 趙龍浩(49 分井谷明夫)
FW 蔭西優作
SUB
MF 朴直樹

 

監督コメント

 

前半から守備意識は強く、チームの守備の統一感は素晴らしかった。
相手に背後を取らせない守備は4 バック+GK は評価できると思うし、

全体通して4 バックの対人の強さは際立ったと思う。

両SB は一度も突破されていないし、CB はしっかりとはじけていたし、GK のシュートストップは素晴らしかった。前半の受け渡しに最初手間取ったが、うまくコントロールしていたし、前半は一度も決定機を作らせなかった。

ブロックを作ってからの守備は前回リーグから改善できたと思う。「逆ピラミッド型」の守備陣形を作れていた。

前半から少し早いプレッシャーに戸惑い、攻撃を拡大できない。

「横から縦」が多く、「横からオープン、斜め前」の展開を増やしたい。

映像見ればOKFC にはたくさんの選択肢がある。その中でもシンプルに決定機を作ったのは評価できると思う。
後半はFW に早く入れてくる戦術にポイントを作られたり、セカンドを拾われたり決定機を作られる。

その間にOKFC も決定機を作る。特に右サイドの攻撃は発想力豊かでバリエーションが多かった。
攻めきれずロングカウンターを食らう場面も多少あったので、しっかり攻めきりたい。

前半よりも攻める時間帯が多く、決定機でオフサイドにかかり勿体無い場面が多かった。
体力が疲弊する中で押し込まれたが、それでもひるまず前から行けているチームは力強くなってきていると思う。

 

延長戦に入り体力が疲弊してメンタルとの戦いであったが、最後まで気力を振り絞って守り、攻めたと思う。
PK まで持ち込みよく勝利した試合だと思う。ただこれが終着点ではないので、前向きに捉えながらチームをより
発展させていきましょう。映像を見るとやはり相手との差はあるのでその差を埋めていく必要がある。

 

アルテリーヴォ和歌山の選手の関わり方、ふるまい方は見本になりました。

しっかり挨拶も片づけもする。俺らより2 個上のステージで戦っているけど、「良いチーム」だなと試合しながら感じていました。だからこそサポーターが応援してくれると思います。

OKFC もだんだんそういうのを率先してできるチームになってきているので、継続してやっていきましょう。
勝ったからオッケーじゃない。そんな薄っぺらな考え方は早く捨てましょう。

 

引き続きチャレンジャーで行こう。

 

公式記録

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください