previous arrow
next arrow
Shadow
Slider

大阪府社会人サッカー1部リーグ第12節試合結果について

大阪府社会人サッカー1部リーグ第12節

10/16(日)15:15キックオフ いずみスポーツヴィレッジ

 

OKFC 4-2(1-0)テクノネット大阪

 

得点:

【O】12分 金健志(朴直樹)、63分 金健志、80分 岡田翔太朗(金泰弘)、80分+2 蔭西優作(金健志)
【テ】46分 14 番(45 番)、51分 45 番(23 番)
警告:

【O】11分 案兵隊(2 枚目)
【テ】18分 23 番

 

START
GK 藤原康平
DF 上田貴典
DF 案兵隊
DF 梶本慎也
MF 金本倫明
MF 岡田翔太朗(81分 宮川忍)
MF 金健志
MF 井谷明夫(56分 朝飛久義)
MF 小川達也(73分 金泰弘)
MF 朴直樹(68分 蔭西優作)
FW 趙栄志(52分 趙栄基)
SUB
FW 岩佐行洋
GK 松浦祐樹

 

監督コメント

前半相手のシュート0本、CK 0本。守備意識高く相手をしっかりはめることができたと思う。
12分に直樹からのダイレクトプレーで健志が得点。久しぶりの立ち上がりの得点。
3トップのはめ方を意思統一できずにラインを下げざるを得なかったが、ミドルサードからディフェンシブサードのディフェンスは狙いどころ良く完璧だったと思うし、サイドでのプラス1の状況、チャレンジからのプレスバック→カバーリングの関係を作れていた。
3トップの運動量は多く疲弊する時間帯もあったが、慌てて取りにいく場面もなく計画性を持って守備できたと思う。
前半の課題は相手が3バックに対応した場合のボールの動かし方の変化。ミドルサードでのポイント作り。
しっかり攻めきってシュート8本を浴びせたのは評価できる。
後半立ち上がりから相手FW がマークをずらしてきてつかめない場面が続いて、後半6分に失点。
その後、停滞している時間帯に味方同士コミュニケーションを取れずボールを奪われてカウンターから失点。
練習した形を出されて簡単に失点してしまう。

 

その後、攻勢に出てメンバーを入れ替えて見事逆転できたのは偶然ではなく、みんながゴールに対しての執着心、ゴールに対して仕掛けた結果だと思う。健志のゴールもドリブルから、翔太朗のゴールもファーストタッチからゴールに向かう姿勢が結果に出たと思う。
最後、優作を入れてパワープレーに転じたが、うまく機能して相手に脅威を与えられたと思う。
数字通りの内容、結果である。みんなでつかんだ勝利。

 

とりあえず次の一戦。続くのは負けたら終わりの事実。3連勝とか甘い夢を見るな、とりあえず次の一戦。

 

14414

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください